うさぎが好きすぎるからWebデザイナーになった話をします

29歳の時、私はひとり暮らしがちょっとさみしくなって、うさぎちゃんを飼いはじめました。ひとりなのに動物を飼うということにとても勇気がいりましたが、こんなにいい決断をしたのは人生で初めてだったのではないかというくらい、いい選択をしたと思っています。

うさぎの誕生日

仕事が楽しくなくっても、私が帰ったら可愛いおめめで「おかえり」とじぃっと見つめてくれるうさぎのアレックス君。ふわふわの毛に包まれたこのうさぎさんを溺愛しました。

誕生日には人参を切ってあげたり、ふだんも果物が好きなのでいちごをちょっとだけ切ってあげたりと、甲斐甲斐しく尽くす私。
私の生活に潤いを与えてくれたのが、うさぎさんだったのです。

必然的に部屋にはうさぎの柄のものや雑貨があふれるようになりました。

そのころ。
勤めていた会社の業績が良くなくて、解散することになりました。
その後も1年くらい手伝い、ある程度盛り返したのですが、メンバーも体制も大きく変わったのでそれを期に転職することにしました。

事務職をゆるくやってきたスキルも学歴もない30歳に市場で価値などありませんでした。

はじめて自分のヤバさに向き合うこととなり、私の自信はどこまでも失墜し、当時の自己肯定感は地の底を這っているようでした。

そんなどんよりした私を癒やし続けてくれたうさぎのアレックス君。そしてうさぎ雑貨たち。
うさぎの雑貨とか売って生計立てられたらめちゃくちゃ幸せなんじゃないかなぁって考えはじめました。その頃、Webも少しやってた女性が同じ職場にいて、同じ頃に辞めたこともあって、Webデザインという職業を教えてもらったのがことの始まりです。

そして職業訓練に通い始めた当時31歳。
職業訓練を終えたらものっすごいECサイトを立ち上げて細々とやっていく希望を抱きつつ、梅田の創造社さんに3ヶ月間通うこととなったのです。

ECサイトに必要なことを全く知らない無知な私でしたが、その職業訓練を無事に終え、ひとまずはECサイトが現実的でないことは理解し、就職の道を探しました。

そこからも波乱はありますが、なんだかんだで今Webデザイナーになったことをひとことで表すと「うさぎが好きすぎるから」となりました。

Webデザイナーを目指す方には「Webが好きだからWebデザイナーになる」以外にもWebデザイナーになる理由を持っていて欲しいと思います。そのうちWebデザインの作業部分なんてAIがほとんどやってくれるようになります。その時にAIに仕事を取られるのではなく仕事を任せられるポジショニングをするには「Webがすきだから」だけだと少し不安なのではないかなと思っています。
ぜひ、好きなこととWebの2本の柱をしっかり持っていてください。

うさぎのアレックスくんは8歳になる前日に悪性腫瘍でお月さまに旅立ちましたが、いっぱい愛を注いで、たくさん癒やしをもらって、本当に素晴らしい8年間でした。

今私は、たま〜に時間があけば、うさぎ雑貨を作ってひっそりと売っています。

好きなこと ✕ Webデザイン もっと拡げていきたい!

いつかうさぎちゃんのいるコワーキングスペースなど運営したい、なんてことも思っています。

お読みいただきありがとうございました!