グラフィックデザイナーのためのWebデザイン制作時のポイント&HTML CSS基礎のキ講座 in 大阪

トータルでできるようになるために!デザインカンプ作成時に押さえるべきポイントを簡単なサイトを作成しながら体感で覚えましょう

講座に申し込む(ストアカへ移動します)
こんなこと考えたことはありませんか?

デザイナー
かんたんなサイトを作れるようになって、トータルでやりたい
デザイナー
正直トータルでやりたいけどコーディングはしたくない

Webの講師をしていると、グラフィックデザイナーさんのお悩みをうかがうことも多いです、たとえば。

  • ウェブの勉強をしようと思っていろいろ見てみたけど、何からしていいかわからない
  • グラフィックデザイナー的にあの、ウェブ、あの英語の羅列のコード・・・・・・・・・合わない
  • デザインはできるんや、つまりウェブの謎の部分を優しく教えてくれる…ほんっっとに初心者向けの講座受けたい
  • デザインと簡単なデザインの違いがわからん、シンプルにしたやん・・・?

お客様は「パソコンでチラシを作ってくれた人だから、ホームページもできるんちゃうか」と思って尋ねてくれます。
そんなシーンによく出会うグラフィックデザイナーさんの中には、
・グラフィックからWebまで、トータルでもっとできるようになりたい。
・コーディングはしなくとも、ストレスなく発注できるようになりたい。
と考えておられる方は多く、高いスクールに通うかを検討していると相談をうけることが何度かありました。
それならばまずは入り口だけでも知ることができる講座ができないか、と思い「グラフィックデザイナーのためのWebデザイン制作時のポイント講座」開講に至りました。

グラフィックデザイナーさんは「視覚優位」タイプが多い

人の脳の構造には「視覚優位」「聴覚優位」「触感優位」といった物事を捉えるうえで発揮される感覚タイプの違いがあります。
一概には言えませんが、デザイナーさんには「視覚優位」タイプが多い。
そこで、
たいていのウェブの講座は論理から基礎を学びますが、今回はデザインという基礎知識もあるデザイナー向けに視覚優位の視点から理解しやすい講座内容に致しました。

講座に申し込む(ストアカへ移動します)

カリキュラム

はじめてIllustratorを勉強したとき、
・どこを触っていいのかわからない
・どう調べていいのかわからない
という状況でも、たとえば「ポスターを作る!」というゴールに向けて制作を進め、ひとつ完成させることができたあとは試行錯誤でどんどんステップアップされたことと思います。

基礎前編

①グラフィックとWebの違い(制作フロー・組み立て方)
・お客様に聞いておくべきことは?
Webデザインをするときにお客様に聞いておくといいことがいくつかあります。
ヒアリングシートを利用すると便利です(かんたんなサンプルを講習会でお渡ししますのでアレンジしてご利用ください)
・チームを組む?自分で簡単なところはやれる?
②レスポンシブ(スマホなどの見え方の違い)における注意点
・ヘッダーのデザインが命?画面幅を視野にいれたデザインカンプの必要性

基礎後編:実技

③コード書けなくても大丈夫?でも中身は知っておこうHTML基礎
・視覚から学ぼう!デザインカンプから見る、HTMLの構造と読み方と書き方&CSSの基礎知識
④実技
・実際のデザインカンプをスライスしてサンプルコードに反映させていきましょう。
※HTMLの構造を覚える前に直感でコードを覚え、Webデザインを体感しましょう。

番外編

コーダーへの指示で便利なアレコレ用語とツール

ゴールは、コードを書きたくなくても最低限知るための土壌ができること

何から調べていいかわからない、とりあえず本を買って置いてある。そんな状況から抜け、必要なところだけ必要なときにサクッと調べる土壌づくりが出来上がれば、あとは都度考えればいいと思います。
まずは、苦手意識を取り払いましょう。

講座に申し込む(ストアカへ移動します)